2013年09月28日

「里芋を忘れていませんか?」の巻

秋の味覚と言えばさつまいもだけど
里芋を忘れていませんか?
里芋には、美容、ダイエットに
効果的な成分が含まれているとのこと
旬をむかえた今、食べたくなるんだよね
体内に溜まった余分な塩分を排出して
高血圧、むくみを改善するカリウムや
糖質を分解してエネルギーに変えて
疲労回復に役立つビタミンB1や
口内炎を予防するビタミンB2
免疫力を高めてくれるビタミンC
腎臓、肝臓を丈夫にするムチン
健康な肌や髪を作るたんぱく質が
いっぱい詰まっている里芋くん
こんにゃくと一緒に食べると
整腸作用がアップし
肥満防止にもなるようですよ〜揺れるハート
鶏肉や卵と食べると免疫力や体力がアップし
ブロッコリーやかぼちゃと食べると
なんと美肌効果が期待できるとのこと
里芋が食べたくなったつばさパパでした




DSC00798.JPG  

 つばさパパのブログにも遊びにきてよね〜揺れるハート
ラベル:里芋
posted by つばさパパ at 06:52| Comment(3) | TrackBack(0) | つばさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パパさん、おはようございます!
私も里芋を食べたくなってきました!!
どうもお味噌汁に入れるか炒めるかくらいしかなくて(^^ゞ
レシピを探さなくてはです(^_^)
Posted by エルサラ at 2013年09月28日 09:09
エルサラさん、おはようございます!
里の芋だものね(笑)。
いっしょに探しましょうかね〜(^^♪。
Posted by つばさパパ at 2013年09月28日 10:38
中国では「速成鶏」の存在が社会問題になっている。
わずか40日〜45日で3.5kgまで成長させて出荷するのだが、過剰にホルモン剤を与えて丸々と太らせるのだという。
日本では51日〜55日程度で2.5kgほどになったら出荷するのが通常なので、中国の鶏がどれだけ大量のホルモン剤を与えられているのか想像がつく。
さらに、中国では身動きできないほど狭い不衛生なスペースで飼育されるため、鶏はすぐに病気になる。
そのため中国の養鶏家は平均して18種類もの抗生物質を与えているという。
そんな中国から加熱処理された鶏肉が、日本に21万5千トン(2012年)も輸入されている。
中国から輸入された鶏肉は、鶏肉として飲食店、弁当店、惣菜店などで使われる他、
焼鳥、空揚、ハンバーガー、ハンバーグ、フライドチキン、ローストチキン、レトルト食品及び冷凍食品などに加工される。
Posted by うなぎ at 2013年09月28日 19:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック