2014年02月19日

「手を洗いすぎると病気になる?」の巻

こんな記事がありました
インフルやノロの季節でも…手を洗いすぎると病気になる
「日刊ゲンダイ 2月6日(木)10時26分配信 から」

手をしっかり洗いましょう
でもね、ほどほどにしておいた方がいいということ
熱心に手を洗いすぎると、肌が荒れるだけでなく
逆に病気にかかりやすくなってしまうと言うんだよ(;´Д`)。

「我々の皮膚には〈常在菌〉と呼ばれる菌がたくさんいます。
この常在菌は大切な役割を果たしていて、病原菌の侵入を防いだり
免疫バランスや水分を保つ働きをしています
殺菌効果がある石鹸やハンドソープを使って手を洗いすぎると
そうした必要な菌まで殺してしまうのです」

「風呂に入って石鹸やボディーソープを使うと
1回で90%の皮膚の常在菌が洗い流されてしまう
若者は12時間で常在菌の数が元に戻るが
中高年は20時間かかるという」
一日に何度もゴシゴシ手を洗っている人は
常在菌をどんどん減らしているそうですよ

「手の常在菌は抵抗力が強いので、元に戻るまでの時間は短くなります
それでも、石鹸やハンドソープを使って頻繁に手を洗っていると
常在菌はいなくなってしまう
病原菌を洗い流すために手洗いは有効ですが
水で洗い流すだけで十分です」

 
「手を洗う場合は、流水か40度程度のぬるめのお湯で
洗い流すのがいいでしょう
ゴシゴシと手をこする必要はありません
ぬるめのお湯は皮膚に付着している病原菌
の表面を膨張させ、流れやすくする効果があります
常在菌には影響しないので、おすすめです」とのことです
「東京医科歯科大名誉教授で、人間総合科学大教授の藤田紘一郎氏」

DSCF7807.JPG
そういうことなんだってよ
つばさパパのブログにも遊びにきてよね〜揺れるハート
楽天のブログにも遊びにきてよね〜揺れるハート
ラベル:手洗い
posted by つばさパパ at 08:12| Comment(6) | TrackBack(0) | ひかる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パパさん、おはようございます!
人間の体って、色々ちゃんとできているのですね(´ω`*)
流水で15秒流すといいって話も聞きましたよ〜。

今朝も風が冷たいです。
そう、五郎ちゃんタイプはトントンし過ぎると寝ちゃうんですよね〜(≧∇≦)
そして5分後くらいに
『ごろね〜、たまにはいいよね〜、あした〜 やればいいよね〜♪』
って起きるんですよね(*≧m≦*)
確か、あきちゃんもトントンし過ぎると寝てしまうんじゃないかしら?!
Posted by エルサラ at 2014年02月19日 08:29
おはようございます、エルサラさん!
なんでもほどほどにと言うことだよね。
五郎のトントンもね(*≧m≦*)ププッ!。
あきちゃんも同じだけど
あきちゃんに寝られると困るので
トントンできません(;´Д`)。
Posted by つばさパパ at 2014年02月19日 09:08
パパさん、こんにちは〜!
あきちゃんが眠ってしまうと寂しいですよね〜(´ω`*)
一緒にお茶できないし( *´艸`)
あっ、もちろん五郎ちゃんも眠ってしまうと寂しいよ〜(*≧m≦*)
Posted by エルサラ at 2014年02月19日 13:05
こんにちは、エルサラさん(*´ω`*)。
からかうのを
ほどほどにしないと
寂しくなるのは自分なんだよね
(;´Д`)たら〜り。
たえずなんかしていないと
寂しくなる今日この頃です。
半分は嘘ですよ(笑)。
Posted by つばさパパ at 2014年02月19日 13:19
パパさん、3時です♪
お茶にしましょ( *´艸`)
そうそう、あんまりかまいすぎると
『やめてよ!』とか『なんで〜?』とか『しりませ〜ん』とか
言われちゃいますからねΣ(・ω・ノ)ノ
Posted by at 2014年02月19日 15:04
エルサラさん!
よくできたお子様たちですよね(笑)。
勉強になりますぅ(*´ω`*)。
末永くよろしくお願いします。
Posted by つばさパパ at 2014年02月19日 15:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック